身を寄せ合ってぬくぬく「タヌキだんご」…SNSで評判に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

身を寄せ合って寒さをしのぐホンドタヌキ
身を寄せ合って寒さをしのぐホンドタヌキ

 名古屋市千種区の東山動植物園で、ホンドタヌキが身を寄せ合って寒さをしのぐかわいらしい姿を見せ、来園者を和ませている。

 同園では2017年6月に赤ちゃんタヌキが14匹誕生し、同年冬に野外にある施設「タヌキの里」に移した。たくさんのタヌキが団子状に固まる様子を来園者が撮影し、SNSで発信すると、1年ほど前から「タヌキだんご」と呼ばれて評判になった。寒さが厳しい日の午前中に見られる可能性が高いという。

 12日には、約10匹のタヌキだんごができた。孫と訪れた岐阜県高山市の主婦(58)は「暖かそう。あの中に手を入れてみたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
952069 0 社会 2019/12/15 18:35:00 2019/12/15 18:58:45 2019/12/15 18:58:45 身を寄せ合って寒さをしのぐホンドタヌキ(12日、名古屋市千種区で)=反保真優撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191213-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ