天頂から放射状に降りそそぐ…ふたご座流星群、14日夜からピーク

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が14日夜~15日未明にかけてピークを迎える。今年は満月直後と時期が重なるため例年より見えにくいが、1時間あたり20個ほどの流れ星が期待できるという。

 天気がよい地域では、14日午後8時頃から流れ星が見え始め、本格的な出現は同10時頃からになる。真夜中を過ぎた頃に最も多くなり、天頂方向から放射状に降りそそぐように出現する。15日午前5時頃まで続くという。

 国立天文台によると、例年は1時間に45個ほどの流れ星が見られるが、今年は月明かりの影響で、暗い流れ星は見えづらくなるという。担当者は「月が視野に入らないようにして、なるべく広範囲を見渡すのが観測のコツ」としている。

無断転載禁止
948758 0 国内 2019/12/13 11:55:00 2019/12/14 02:41:56 2019/12/14 02:41:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191213-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ