「紙で読書」派、進取の意欲や多面的な思考力高め

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読書をする際、スマートフォンやパソコンなどの電子書籍よりも紙の本を読む人の方が、何事にも進んで取り組む意欲や、物事を多面的にとらえる能力が高いとする調査結果を、国立青少年教育振興機構が23日発表した。

 同機構は今年2月、20~60歳代の計5000人を対象に読書に関する調査を実施した。今回初めて、利用する主な媒体や読書時間ごとに〈1〉紙〈2〉スマホやタブレット〈3〉パソコン〈4〉複数の電子機器〈5〉ほとんど読まない――の5グループに分類。さらに、▽物事に進んで取り組む意欲(主体的行動力)▽多面的、論理的に考える力(批判的思考力)▽自分を理解し肯定する力(自己理解力)――を測る質問を出して自己評価してもらい、各グループの平均点(最高20点)を比べた。

 その結果、「紙」は主体的行動力が13・11点、批判的思考力が13・48点、自己理解力が14・02点と、電子媒体より0・22~1・04点高かった。いずれの力も、ほとんど読書をしないグループの点は最も低かった。同機構は「こうした力は媒体にかかわらず読書習慣のある人の方が高いが、紙がより優れている傾向が鮮明になった」としている。

 ただ、紙の本を読む人は減少傾向にある。1か月に読む冊数が「0冊」と答えた人は49・8%で、前回2013年の調査から22ポイント増えた。一方、電子書籍を月に「1冊以上」読むという人は、13年より11ポイント増えて19・7%となった。

 紙と電子媒体の違いを科学的に研究している富士ゼロックスの柴田博仁・研究主幹(情報学)は「紙は電子よりも本の全体像を把握したり、ページ間を行き来したりしやすい。集中を維持でき、記憶に留めやすく、じっくり読んで考えるには紙の方が適している」と話している。

無断転載・複製を禁じます
968230 0 社会 2019/12/23 22:39:00 2019/12/23 22:55:10 2019/12/23 22:55:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ