「20キロ離れても見える」明るくなるスカイツリー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

現在のスカイツリーのライトアップ(16日撮影)
現在のスカイツリーのライトアップ(16日撮影)
試験点灯時のスカイツリー。ゲイン塔全体と250メートル、150メートル付近が明るくなった(17日撮影)
試験点灯時のスカイツリー。ゲイン塔全体と250メートル、150メートル付近が明るくなった(17日撮影)

 来年の東京五輪・パラリンピックに向け、東京スカイツリー(墨田区、634メートル)で、ライトアップ用の照明機器347台の増設工事が完了した。既存の照明と合わせて計2362台となり、塔頂部は約20キロ離れた羽田空港(大田区)からも見えるようになった。来年3月下旬の全面点灯を目指し、試験を繰り返している。

 運営会社の東武タワースカイツリーによると、2012年の開業当初、ツリーの150メートル付近と250メートル付近は非常時の避難スペースとし、照明を設置しなかった。そのため、夜間のライトアップ時、アンテナ設備がある最上部のゲイン塔を含め、暗い部分が目立っていた。

 そこで、同社はツリー全体が輝くよう、今年5月から発光ダイオード(LED)照明の増設工事を開始。ゲイン塔下部(497メートル)の60台を新品に交換し、さらにゲイン塔、250メートル、150メートルの付近に計287台を新設した。

ツリーの150メートル付近で、増設された照明を確認する職員
ツリーの150メートル付近で、増設された照明を確認する職員

 点灯試験では、様々な色でツリーを浮かび上がらせ、上野や浅草、錦糸町など9か所からどのように見えるかをチェック。特にゲイン塔の塔頂部はこれまでの約30倍の明るさになり、従来の倍となる約20キロ先からでも確認できたという。ライティングの色を調整するなどして、来年3月下旬から本格点灯する予定だ。

 2016年リオデジャネイロ五輪の閉会式では、東京をPRするショーでスカイツリーの模型が登場。また、年間の入場客約400万人のうち3割を訪日外国人が占めており、スカイツリーは海外でも日本の観光名所として知られるようになった。同社はライトアップの写真や映像が来場客のSNSや海外のテレビ局で紹介されることを期待しており、広報担当者は「遠くからでも明るく輝くスカイツリーを探してみてほしい」と話している。

無断転載禁止
968649 0 国内 2019/12/24 09:19:00 2019/12/24 09:19:00 2019/12/24 09:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191224-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ