介護保険料、6億円多く徴収…制度改正を反映せずに計算

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は27日、2018、19年度の介護保険料に計算ミスがあり、40~64歳の会社員らが健康保険組合などを通じて納める保険料を本来より約6億1000万円多く徴収していたと発表した。一方で自営業者らが加入する国民健康保険などを通じて徴収した保険料は、約4億5000万円不足していた。

 徴収事務を担う厚労省所管の法人「社会保険診療報酬支払基金」が保険料を計算する際、制度改正の内容を反映していなかった。

 厚労省は「制度変更があった際の情報共有が不十分だった」としており、誤って徴収した分を20年度の保険料で調整する方針だ。

 介護保険料を巡っては、今年4月にも、19年度の徴収額が約200億円不足するおそれのある計算ミスが明らかになっている。

 加藤厚労相は「(再発防止に向け)ミスが常にチェックされ、修正されるようにする必要がある」として、新たな業務手順書を策定するよう指示した。厚労省と同基金で情報共有を徹底し、相互に算定方法などをチェックする体制を整える。

無断転載禁止
975078 0 国内 2019/12/27 22:17:00 2019/12/27 22:17:00 2019/12/27 22:17:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ