「コイの池」に金魚など無断放流、市側「飼えないからと放さないで」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

池の柵には魚の放流を禁じる貼り紙が掲示されている(川西市で)
池の柵には魚の放流を禁じる貼り紙が掲示されている(川西市で)

 兵庫県川西市火打のキセラ川西せせらぎ公園でニシキゴイを飼育している人工の「コイの池」に、誰かが無断で放したとみられる金魚などの「よそ者」が増えている。市は駆除までは考えていないが、11月上旬に「放流」を禁じる貼り紙を掲示。「飼えなくなった魚を放さないで」と呼びかけている。

 市は、のじぎく兵庫国体が開かれた2006年、同じ自治体名だった新潟県川西町(現・十日町市)特産のニシキゴイ約20匹を譲り受けた。別の池で飼っていたが、17年にせせらぎ公園を整備。コイの池(幅約2メートル、長さ約6メートル)に移した。

 現在、生き残っているニシキゴイは1匹。ただ、時期は不明だが、ほかに大小の金魚約20匹や黒いコイ6匹が泳いでいるのが見られるようになった。

 池には水面を真上から見られるデッキがあり、魚を眺めて楽しむ親子連れも多い。市の関係者は「金魚もいて、子どもに喜ばれている面もあるが、これ以上、増えると困る。魚を飼う人は責任を持って世話をしてほしい」としている。

無断転載・複製を禁じます
976891 0 社会 2019/12/29 14:33:00 2019/12/29 14:33:00 2019/12/29 14:33:00 金魚が捨てられているキセラ川西せせらぎ公園の池。放流禁止のはり紙が掲げられている(川西市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191229-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ