Uターンラッシュ本格化、関越道30キロ渋滞…東海道新幹線上り指定席ほぼ満席

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

Uターンラッシュで混雑する東名高速道路(手前は海老名ジャンクション、奥は富士山)(3日午後、神奈川県海老名市で、読売ヘリから)=上甲鉄撮影
Uターンラッシュで混雑する東名高速道路(手前は海老名ジャンクション、奥は富士山)(3日午後、神奈川県海老名市で、読売ヘリから)=上甲鉄撮影

 年末年始を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが3日から本格化した。

 日本道路交通情報センターによると、東北道や関越道、東名高速の上り線が3日午前から混み始め、夕方には関越道の高坂サービスエリア(埼玉県東松山市)付近を先頭に約30キロの渋滞が発生。東名高速では、山北バス停(神奈川県山北町)付近から約25キロのほか、大和トンネル(同県大和市)付近からも長い渋滞ができた。

 JR各社によると、東海道新幹線の上りは指定席が終日ほぼ満席。同日午前11時10分博多発東京行き「のぞみ24号」で自由席乗車率が130%に達するなど混雑した。東北・山形、上越、北陸新幹線の上りの一部でも、同日午後を中心に自由席乗車率が100%を超えた。

 空の便の帰省ラッシュも始まり、日本航空と全日空によると、羽田行きの国内線が5日までほぼ満席となっている。

無断転載・複製を禁じます
981666 0 社会 2020/01/03 19:43:00 2020/01/03 21:05:40 2020/01/03 21:05:40 Uターンラッシュで混雑する東名高速道路(中央が相模川。奥が厚木市、手前が海老名市です)***自動最適化外して送っています。必要なら最適化ありで再送します。(3日午後5時14分、神奈川県海老名市で、本社ヘリから)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200103-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ