岩屋前防衛相、中国側の寄付否定…100万円は「謝礼」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見で説明する岩屋氏(4日、大分県別府市内のホテルで)
記者会見で説明する岩屋氏(4日、大分県別府市内のホテルで)

 カジノを中核とした日本の統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件で、中国企業側から100万円の提供を受けたと指摘されている5人の衆院議員側のうち、前防衛相の岩屋毅氏(62)(自民、大分3区)が4日、大分県別府市で記者会見を開き、「中国企業から寄付を受けたことは一切ない」と否定した。

 関係者によると、中国企業「500.com」側は東京地検特捜部に対し、各議員側に衆院選の「陣中見舞い」名目で、2017年9~10月に100万円ずつを提供したと説明。岩屋氏への資金は、中村裕之氏(58)(同、北海道4区)に提供した計200万円の中から、中村氏が岩屋氏に寄付することになったという。

 実際、岩屋氏が代表を務める自民党支部の政治資金収支報告書には、中村氏が代表の自民党支部から17年10月、100万円が寄付されたとの記載がある。

 この100万円について、岩屋氏は会見で、「17年8月に北海道で開かれた同僚議員の政治資金パーティーに講師として出席した際の謝礼だった」と説明。岩屋氏はパーティーを主催した議員の名前を明かさず、「中国企業から何かを頼まれたことも、便宜を図ったことも一切ない」と話した。

 一方、中村氏も4日、北海道余市町で報道陣の取材に応じ、「500」社側からの現金受け取りについて「まったくない」と全面的に否定した。岩屋氏の自民党支部への100万円については、「自分自身の判断で寄付した」などと述べた。

無断転載・複製を禁じます
982457 0 社会 2020/01/04 11:17:00 2020/01/04 13:23:50 2020/01/04 13:23:50 経緯を説明する岩屋議員(別府市内のホテルで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200104-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ