カピバラ逃亡半年「旅の終わり」…民家軒下からロープで引き出す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

半年ぶりに自宅へ帰ってきたカピバラのかっぴー
半年ぶりに自宅へ帰ってきたカピバラのかっぴー

 昨年6月末から神奈川県藤沢、茅ヶ崎市内などで相次いで目撃されたカピバラが保護され、2日、藤沢市の飼い主のもとへ戻された。庭の柵を越えて約半年。発見されたのは、15キロ以上離れた大磯町の民家の軒下だった。リンゴやキャベツをむしゃむしゃと食べる元気な様子で、飼い主の50歳代の女性は「ほっとしています」と笑顔で感謝を述べた。(鈴木伸彦)

 カピバラは2、3歳のオスで、体長1メートルほど。昨年5月から自宅で飼っていたが、同6月末に庭にあったケージの屋根に登り柵を越えて逃げたという。7月中旬には、茅ヶ崎市西部の小出川下流にすみつき、近くの子どもたちから「かっぴー」と名付けられ、人気者になっていた。

 だが、同10月の台風19号の接近で小出川が増水してから一時行方不明に。その後、平塚漁港周辺などで目撃されたものの、移動する範囲が広くなった。同12月31日、大磯町の民家敷地内にいるところを発見され、通報を受けた大磯署と大磯町職員が同町の中山和也・獣医師とともに、かっぴーを民家の軒下からロープで引っ張り出した。

 中山獣医師は「気温差が激しい自然状況だっただけに、ぎりぎりで助かってよかった。保護が遅れたら、危なかったかもしれない」と振り返った。相模川や相模湾を泳いで大磯町まで来た可能性があるという。

 毎週末に捜していたという飼い主の女性は、12月上旬にかっぴーを目撃したが、「シー」と鳴き声を上げて水に潜ってしまい、悲しい思いをしたという。「元気だったのはうれしいが、河原でのびのびと暮らしていたことを思うと複雑な思い」と語り、落ち着いたら、広い敷地で仲間たちと暮らせる施設に引き取ってもらうことも考えているという。

無断転載・複製を禁じます
983838 0 社会 2020/01/05 13:41:00 2020/01/05 13:41:00 2020/01/05 13:41:00 半年ぶりに自宅へ帰ってきたカピバラのカッピー(鎌倉署で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200104-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ