事実無根ネット中傷、防ぐための7項目…「自分の人生も壊す可能性ある」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インターネット上で殺人事件に関与したかのような事実無根の中傷を受けた体験をふまえ、お笑いタレントのスマイリーキクチさん(47)が今春、ネット情報との接し方などをまとめた中高生向けのテキストを出版する。ネット上で得た情報をSNSで拡散する前に確認すべき7項目を盛り込み、「正義感による発信でも加害者になることがある。そうならない知識を身につけて」と訴える。

「正義と暴力は紙一重。ネット中傷の加害者にならない知識を身につけて」と訴えるスマイリーキクチさん
「正義と暴力は紙一重。ネット中傷の加害者にならない知識を身につけて」と訴えるスマイリーキクチさん

 スマイリーさんは、1989年に女子高生コンクリート詰め殺人事件が発覚した東京都足立区の出身で、99年頃からネット上に事件に関与したかのような事実無根の中傷が投稿され始めた。2009年、名誉毀損きそん容疑などで男女らが書類送検されたが、その後も、殺害予告の書き込みなどの被害に遭った。

 スマイリーさんは各地の小中高校などで、こうした被害体験やネット情報との接し方について講演を続けてきた。教員や児童生徒からネットいじめなどの相談が数多く寄せられたことからテキスト作成を思い立った。「子供たちがネット情報の危険性をよく知らずに利用している現状を何とかしたかった」という。

 テキストでは、「友達にスマートフォンのロックを勝手に解除され、見られたくない写真を無断で拡散された」といった実例をもとに、自分が当事者ならどう感じるかを考えさせる。また、ネット情報をSNSで拡散させる前に、「誰が書いた情報か確かめる」「家族や友達に相談し、情報の信ぴょう性を疑う」など、自ら考えた7項目のチェックを呼びかける。

 このほか、ネット上に事実無根の投稿があった場合も想定。投稿者の個人情報をネット事業者に開示させるなど、被害者が警察に届け出たり訴訟を起こしたりするために必要な証拠収集の手法も示す。投稿が「遊び」ではすまない現実を知ってもらうためで、テキスト作成にあたり、弁護士らの助言も受けたという。

 スマイリーさんは「誤った情報を発信すれば責任を問われる。他人の人生を壊すような投稿は自分の人生も壊すことを子供たちに知ってほしい」と話している。

 

◆情報を拡散する前にチェックする七つの項目

1 誰が書いた情報か

2 発信者は過去にどんな投稿をしているか

3 発信者のサイトの広告数が多いか少ないか(過激な書き込みで閲覧数を稼ごうとするサイトは広告が多い傾向があるという)

4 発信者の身元は詳しくわかるか

5 発信者は何をしている人かわかるか

6 情報が信頼できるか家族や友人に相談

7 「それでもウソではないか」と疑う

(スマイリーキクチさんへの取材を基に作成)

無断転載禁止
985664 0 国内 2020/01/06 15:00:00 2020/01/07 08:56:37 2020/01/07 08:56:37 「正義と暴力は紙一重。ネット中傷の加害者にならない知識を身につけてほしい」と話すスマイリーキクチさん https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200106-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ