昨年の交通事故死3215人、3年連続で過去最少を更新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警察庁は6日、昨年の全国の交通事故死者数は3215人(前年比317人減)で、3年連続で過去最少を更新したと発表した。同庁は、車の安全性能の向上や、街頭での取り締まり強化などが要因とみている。

 発表によると、人口10万人あたりの死者も、統計の残る1948年以降で最少の2・54人(同0・25人減)。65歳以上の死者は1782人で、前年より184人減ったが、全体に占める割合は過去2番目に高い55・4%だった。

 都道府県別の死者は、千葉が172人(同14人減)と最も多く、初めて全国ワーストになった。次いで愛知が156人(同33人減)、北海道152人(同11人増)、兵庫138人(同14人減)、東京133人(同10人減)。愛知は2018年まで16年連続でワーストだった。

 最も少なかったのは、山梨と島根の25人。人口10万人あたりでは、徳島が5・57人と最多で、最少は東京の0・96人だった。

 いずれも速報値で、交通事故件数は38万1002件(同4万9599件減)、負傷者は46万715人(同6万5131人減)だった。

 死者が3人以上の交通事故は4件。静岡県富士市の県道では昨年4月、横転した軽ワゴン車と大型トラックが衝突し、軽ワゴンに乗っていた18歳の男女3人が死亡した。

 交通事故の死者は「第1次交通戦争」と呼ばれた1970年に過去最悪の1万6765人を記録。96年に1万人を下回って以降、減少傾向が続いている。

無断転載・複製を禁じます
986214 0 社会 2020/01/06 18:43:00 2020/01/06 18:43:00 2020/01/06 18:43:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ