雪不足の札幌、雪まつり開幕までに「トラック3千台分の雪」搬入

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今月31日開幕の「第71回さっぽろ雪まつり」に向け、メイン会場となる札幌市の大通公園で雪像作りに必要な雪の輸送が急ピッチで行われている。今冬は雪が少なく、トラックの台数を倍増させ、雪を集めている。

雪不足の中、「さっぽろ雪まつり」の準備を進める自衛隊員ら(9日午前9時36分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影
雪不足の中、「さっぽろ雪まつり」の準備を進める自衛隊員ら(9日午前9時36分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影

 実行委員会によると、雪まつりでは10トントラック約3000台分の雪が運び込まれる。そのうち、大通公園の大雪像は制作に時間がかかるため、約1200台分の輸送を10日頃までに完了させる予定。市内や近郊だけでは必要量を確保出来ないため、例年の2倍のトラック120台で、30キロ以上離れた倶知安くっちゃんちょうや京極町などから調達している。

雪不足の中、「さっぽろ雪まつり」の準備が急ピッチで進む大通公園(9日午前、札幌市中央区で)=松本拓也撮影
雪不足の中、「さっぽろ雪まつり」の準備が急ピッチで進む大通公園(9日午前、札幌市中央区で)=松本拓也撮影

 札幌管区気象台によると、昨年12月の道内主要観測地点22か所の降雪量は平年の48%にとどまり、1961年の統計開始以来、最少。同市中央区の積雪は9日午前9時時点で9センチと平年の44センチを大きく下回っている。

無断転載・複製を禁じます
991754 0 社会 2020/01/09 10:59:00 2020/01/09 12:57:30 2020/01/09 12:57:30 雪不足の中、「さっぽろ雪まつり」の準備が急ピッチで進む大通公園(9日午前8時46分、札幌市で)=松本拓也撮影★★動画素材あり★★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200109-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ