漂着木造船の遺体人数、7人から5人に訂正

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐渡海上保安署は9日、新潟県佐渡市の海岸に漂着した木造船から昨年12月28日に見つかった遺体の人数について、当初発表していた7人から5人に訂正した。司法解剖の結果、離れた状態で見つかった2人分の頭部と胴体部分がそれぞれ同一人物のものと判明した。

 発表によると、遺体はいずれも男性。一部白骨化するなどしており、死後2~4か月とみられている。木造船は同市小比叡こびえ素浜そばま海岸で見つかり、船首部分にはハングルとみられる文字が書かれていた。同海保は北朝鮮籍の漁船とみて調べている。

無断転載・複製を禁じます
992648 0 社会 2020/01/09 19:25:00 2020/01/09 19:25:00 2020/01/09 19:25:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ