横浜で3万世帯が一時断水…磯子区で水道管が破裂か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

水道管から漏水し、浸水した現場周辺(横浜市磯子区で)=住民提供
水道管から漏水し、浸水した現場周辺(横浜市磯子区で)=住民提供

 9日午後2時20分頃、横浜市磯子区磯子で、市道の地下約1・5メートルに敷設された水道管(口径60センチ・メートル)から水が漏れ、磯子、港南、南3区の計約3万世帯が断水した。市は別の水道管と接続して約3時間後に断水は解消されたが、濁った水が出る恐れがあるという。

 市給水維持課によると、水道管が敷設されたのは1973年で、一度も交換していないという。市は老朽化で水道管の一部が破裂した可能性があるとみて原因を調査している。

 水が漏れ出した現場前の会社に勤める男性従業員(57)によると、アスファルトが盛り上がり、瞬く間に茶色い水が広がったという。現場から約250メートル離れた男性(67)宅ではマットなどがぬれた。男性は「水道管が古いならばなぜ早く取り換えなかったのか。いつどこから漏れるかわからないので早急に対応してほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
992997 0 社会 2020/01/09 22:54:00 2020/01/09 22:54:00 2020/01/09 22:54:00 水道管から漏水し浸水した現場(住民提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200109-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ