中学生スマホは平日60分、午後9時まで…依存症防止へ県条例素案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 香川県議会は10日、子どもがインターネットやゲームの依存症になるのを防ぐための条例の素案を公表した。スマートフォンの使用を平日は60分、休日は90分以内に制限することを保護者に求めた。罰則は盛り込まなかった。全国初のネット・ゲーム依存症に特化した条例になる見通し。4月の施行を目指す。

 素案では、保護者に対し、中学生までは午後9時、高校生は午後10時までにスマートフォンなどの使用をやめるルールを子どもに順守させることも求めた。

 香川県議会は昨年9月、条例に関する検討委員会を発足。精神医学の専門家や学校関係者、保護者らに意見を聞くなどして素案を検討してきた。近くパブリックコメント(意見公募)を実施し、2月の県議会に条例案を議員提案する。

無断転載禁止
994695 0 国内 2020/01/10 20:30:00 2020/01/10 20:30:00 2020/01/10 20:30:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ