空港への自動車専用道、リニア開業までの全線開通目指し「無料化やめて有料に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中部国際空港(愛知県常滑市)と名古屋を結ぶ2本目の道路となる自動車専用道路「西知多道路」について、国土交通省と愛知県が有料化する方向で調整に入ったことがわかった。複数の関係者が明らかにした。県は無料の方針を示してきたが、建設費の一部を通行料で賄い、2027年のリニア中央新幹線開業に合わせた全線開通に向けて整備を加速させる狙いがある。

 西知多道路は伊勢湾岸自動車道の東海ジャンクション(JCT)と知多横断道路の常滑JCT(仮称)を結ぶ全長約19キロ。同県東海市―知多市の北部区間の約9キロは、既存の西知多産業道路を6車線に拡幅し、知多市―常滑市の南部区間約10キロはバイパスを新設する。

 東海JCTから2キロの区間は、県の要請で16年に国が事業化して18年に着工。常滑JCT北側の8キロは県が建設を担い、昨年12月、うち4キロ部分で建設が始まった。残る約9キロは国が着工に向け調査中だが、建設費の負担を巡る県との調整が難航しており、着工のメドが立っていない。

 既存の産業道路が通行無料ということもあり、県は14年、西知多道路についても無料との方針を打ち出した。一方、1400億円以上とされる建設費の負担を巡る調整が遅れれば、リニア開業に間に合わないおそれがあり、県は一部を利用者負担とすることで、国との調整を進めたい考えだ。

 また、無料にした場合、空港への連絡道路である知多半島道路(有料)から西知多道路に交通が集中するおそれがあることも、有料化議論の背景にはある。関係者は「有料化の対象が現在無料の産業道路も含む全区間か、新設部分のみかも議論の俎上そじょうにある」と明かす。

 産業道路は、沿線に日本製鉄や中部電力など大規模事業所が集中し、地域の生活道路にもなっている。有料化を懸念する声も根強いことから、県は地元にも理解を求めていく考えだ。

無断転載禁止
997929 0 国内 2020/01/13 05:00:00 2020/01/13 05:00:00 2020/01/13 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200113-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ