沖縄ブランド豚「アグー」隔離を検討、農相「大切な固有種」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄県の養豚場で家畜伝染病「CSF(とんコレラ)」に感染した豚が見つかった問題で、江藤農相は14日、閣議後記者会見で、同県のブランド豚「アグー」について、感染から保護するため県内で隔離移転する方針を明らかにした。

 隔離する際の移動費や施設の使用料を国が全額助成する方針で、隔離する場所などについて県と対応を検討している。江藤氏は、「アグーは大切な沖縄の固有種。種の保存は大変大事で、沖縄の方々と相談して進めたい」と述べた。

 同県内では今月8日、うるま市の養豚場で最初の感染が確認された。この施設を含め、これまでに県内6施設で感染が確認され、県は順次、飼育豚の殺処分を進めている。これらの施設の中には、アグーを飼育していた養豚場もあった。

無断転載禁止
999563 0 国内 2020/01/14 13:14:00 2020/01/14 13:26:32 2020/01/14 13:26:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ