死骸掘り返し象牙収集か、輸出試みたサファリパーク元飼育員逮捕「知人に売ろうと」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スーツケースなどに隠されていたアフリカゾウの牙(14日、成田空港で)
スーツケースなどに隠されていたアフリカゾウの牙(14日、成田空港で)

 象牙などを国外に密輸しようとしたとして、千葉県警は14日、富士サファリパーク(静岡県裾野市)の飼育員だったラオス国籍の容疑者(27)を関税法違反(無許可輸出未遂)容疑で逮捕した。

 発表では、元飼育員は昨年7月4日、成田空港からラオスに出国する際、アフリカゾウの牙、シロサイの骨、チーターの歯など計約230点を許可なく輸出しようとした疑い。元飼育員はこの直前までの3年半ほど同園に勤務し、象の飼育を担当。死骸を掘り返したり、飼育場で拾ったりして、牙などを集めたとみられ、調べに対し、容疑を認めているという。

 東京税関成田税関支署によると、象牙などはスーツケースやかばんのX線検査で見つかった。大半はワシントン条約で国際取引が禁止されているもので、元飼育員は「友人や知人に売ろうと思った」と説明したという。

無断転載禁止
1000391 0 国内 2020/01/14 21:40:00 2020/01/15 08:02:43 2020/01/15 08:02:43 スーツケースなどに隠されていたアフリカ象の牙(14日、成田空港で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200114-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ