「タコ足大根」、家庭菜園で収穫

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

8本に枝分かれした珍しい大根=河村輝樹撮影
8本に枝分かれした珍しい大根=河村輝樹撮影

 大分県中津市の会社員男性(58)の家庭菜園で、8本に分かれたユニークな大根が収穫された。

 長さ約30センチ、周囲約70センチ、重さ3キロ。11日に取れたという。8本足のような見た目が面白いため、男性が厚紙にタコの絵を描き、大根に取り付けた。

 男性は「昔から『八』は縁起のいい数字とされ、新年から明るい気持ちになった。干し大根にして、観賞用として自宅に飾りたい」と話した。

無断転載禁止
1001694 0 国内 2020/01/15 17:30:00 2020/01/15 17:30:00 2020/01/15 17:30:00 8本に枝分かれした珍しい大根=河村輝樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200115-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ