山梨中心に大雪の可能性、東京23区は積雪ない見通し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁は、関東甲信地方で18日昼前にかけて雪や雨が降り、山梨県を中心に大雪となる所があると同日朝、発表した。交通機関の乱れなどに注意が必要としている。

 伊豆諸島付近に発達中の低気圧があり、関東甲信地方の上空約1500メートルには氷点下6度の寒気が流れ込んでいる。このため、19日午前6時までの24時間で、甲信地方や関東の山沿いの多い所で10センチ、平野部でも5センチの積雪が予想されている。

 ただし、大雪は当初の予想ほどではなく、東京23区で積雪となる可能性は低くなったとしている。

無断転載禁止
1006365 0 国内 2020/01/18 07:17:00 2020/01/18 08:19:45 2020/01/18 08:19:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ