読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

どこにでも設置OK、市道「ゾーン30」にも可搬式オービス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

長崎県警が運用を始めた可搬式オービス
長崎県警が運用を始めた可搬式オービス

 住宅街や通学路などでの交通事故を防止するため、長崎県警は今月から、持ち運び可能な速度違反自動取締装置(可搬式オービス)の運用を始めた。従来のオービスは大型で固定式のため、県内では高速道路だけに設置されているが、可搬式は小型で幅の狭い道でも使用できる。県警は今後、各地の取り締まりで活用する。

 可搬式オービスは、速度違反をレーザーで感知すると、車のナンバーや運転手の顔を自動で撮影。県警は後日、切符を交付する。重さ約15キロで、少人数で運んでどこにでも設置でき、車を止める場所も必要ない。

 県警は15日、長崎市城栄町で子どもたちの下校時間に合わせ、車の速度を時速30キロ以内に制限する「ゾーン30」の市道に設置して取り締まりを実施。運転手は減速して、慎重に運転していた。

 県警交通指導課の林田晋・次席調査官は「速度超過による事故を抑制し、歩行者の安全を守っていきたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1012598 0 社会 2020/01/22 09:29:00 2020/01/22 09:29:00 2020/01/22 09:29:00 県警が新たに導入した可搬式のオービス=美根京子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200121-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)