読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

植松被告、拘置所で再び指かみ手術で縫合…「皆さまに迷惑をかけた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件で、入所者への殺人罪などに問われて横浜地裁で公判中の元施設職員植松さとし被告(30)が22日、横浜拘置支所で読売新聞の取材に応じた。

 植松被告は、事件当時、心神喪失の状態だったなどとする弁護側の主張について「私の考えは正反対。頭がおかしいという主張は聞いていて気持ちのいいものではない。裁判は一人で受けたい」と不満を訴えた。

 初公判で指をかみ切るしぐさをした理由について「言葉だけの謝罪では(自分が)納得できなかった」と説明した。犠牲者に対しては「殺してしまって申し訳ないけど、仕方がない」と従来の考えを主張した。

 被告は8日の初公判で、「皆さまに深くおわびします」と述べた直後、右手の小指をかみ切るような不規則行動をし、退廷させられた。接見取材で「亡くなられた方、遺族、被害者、皆さまに迷惑をかけた」と言葉だけで納得できなかった理由を説明し、9日朝に拘置所で再びかみ、手術で縫合されたと語った。

 ただ、重度障害者への差別的な考えは「変わりない」とし、24日に始まる被告人質問に向け弁護人に手紙を書き、「重度障害者を愛するのは間違っている」と訴える旨を伝えたと明かした。

無断転載・複製を禁じます
1013962 0 社会 2020/01/22 19:41:00 2020/01/22 21:28:30 2020/01/22 21:28:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)