赤・黄・緑、カラフルに色分け…あられ乾燥作業

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 石川県志賀町で色とりどりの米菓「能登志賀あられ」の乾燥作業が本格化している。

 同町の農業白山邦夫さん(76)、フサ子さん(77)夫妻の作業小屋では、食紅で赤や黄、緑に色付けした約1センチ角の餅を木箱に敷き詰め、床一面に並べている。3日に1回程度かき混ぜながら約1か月半乾燥させた後、焼き上げる。

敷き詰められた色とりどりのあられ(22日、石川県志賀町で)=細野登撮影
敷き詰められた色とりどりのあられ(22日、石川県志賀町で)=細野登撮影

 あられは塩と砂糖だけで味付けされ、口の中でふわっと溶けるような食感が人気という。3月中旬頃から販売される予定で、白山さんは「今年もおいしいあられを多くの人に届けたい」と張り切っている。

無断転載・複製を禁じます
1015303 0 社会 2020/01/23 11:10:00 2020/01/23 11:10:00 2020/01/23 11:10:00 乾燥のため敷き詰められた色とりどりのあられ(22日午後1時34分、石川県志賀町で)=細野登撮影★★動画素材あり★★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200123-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ