新型コロナ、日本国内3人目の感染者…武漢から旅行で来た女性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中国の春節(旧正月)を迎え、横浜中華街(横浜市中区)では、獅子が商売繁盛や五穀豊穣(ほうじょう)を祈って踊り、ご祝儀をもらう伝統行事「採青(ツァイチン)」が行われた。新型肺炎の感染が国内外で広がる中、マスク姿で観光する人たちの姿が多く見られた(25日午後)=三浦邦彦撮影
中国の春節(旧正月)を迎え、横浜中華街(横浜市中区)では、獅子が商売繁盛や五穀豊穣(ほうじょう)を祈って踊り、ご祝儀をもらう伝統行事「採青(ツァイチン)」が行われた。新型肺炎の感染が国内外で広がる中、マスク姿で観光する人たちの姿が多く見られた(25日午後)=三浦邦彦撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいる問題で、厚生労働省は25日、中国・武漢市から東京都内に旅行に来ていた30歳代の女性の感染が確認されたと発表した。日本国内での確認は3例目。

 発表によると、女性は18日に来日。21日夜に発熱とせきの症状があり、23日に都内の医療機関を受診したところ、軽い肺炎の疑いがあることが分かった。東京都健康安全研究センターなどが検査した結果、25日に新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。

 厚労省などによると、女性は22日に都内を観光。移動中はマスクを着用し、23日以降はホテルに滞在した。女性と行動を共にしていた家族ら3人には体調の変化はみられないという。

 女性によると、中国で感染者の多くがかかわっていたとされる武漢市中心部の「華南海鮮卸売市場」には立ち寄っておらず、中国でも肺炎患者との接触はなかったという。

無断転載・複製を禁じます
1019413 0 社会 2020/01/25 15:51:00 2020/03/09 14:52:29 2020/03/09 14:52:29 春節を迎えた横浜中華街をマスク姿で歩く人たち(25日午後1時52分、横浜市の横浜中華街で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200125-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ