病院建設現場で足場崩れ、市道ふさぐ…3600戸一時停電

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日午後9時35分頃、鹿児島市高麗町の病院の建設現場で足場が崩れ、隣接する市道をふさいだ。けが人はいなかった。

 鹿児島地方気象台によると、市内には当時、強風注意報が出されており、午後9時半に13・3メートルの最大瞬間風速を観測した。

 九州電力によると、倒壊した足場が近くの電線を切断し、約3600戸で一時停電した。

無断転載・複製を禁じます
1020984 0 社会 2020/01/27 00:29:00 2020/01/27 00:29:00 2020/01/27 00:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ