武漢に渡航歴ない人の新型コロナ、国内で初確認…人から人に感染か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国・武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、厚生労働省は28日、武漢への渡航歴がない奈良県在住の60歳代男性の感染を確認したと発表した。男性は日本人で、今月、武漢からの観光客を乗せたバスツアーの運転手を務めていた。武漢に滞在していない人の感染が日本国内で確認されたのは初めてで、同省は人から人に感染した可能性が高いとして検疫などの対策を強化する。

 また同省は同日、武漢から来日した40歳代の男女各1人について、新たに感染が確認されたと発表した。男性は愛知県を、女性は北海道などを訪れていた。奈良県在住の日本人男性も含め、国内で感染が確認された人は計7人となった。

 発表によると、奈良県の男性は8~11日に武漢からのツアー客31人をバスに乗せ、大阪から東京方面の空港まで運転。12~16日には、武漢からの別のツアー客29人を乗せて東京―大阪間を運転した。14日に悪寒やせきなどの症状が出たため17日に奈良県内の医療機関を受診したが、この時は肺炎とは診断されなかった。

 その後、25日に再び受診したところ肺炎の疑いが見つかり、28日にウイルスの陽性反応が確認された。男性は医療機関に入院中で、重症ではないという。

 奈良県の男性に武漢への渡航歴がないことから、同省は「ツアー客を介して感染した可能性は高い」とみている。ただ男性は、武漢から来てせきなどの症状がある人との接触もないと話しているといい、「無症状のツアー客からの感染も考えられる」としている。同省によると、男性の家族を含め長時間接触した人は18人いるが、今のところ肺炎症状は出ていないという。

 国内での感染の広がりを受け、同省は中国から到着する全航空便の乗客を対象に、健康状態に関する質問票を配って水際対策を強化する。また同省は28日、ウイルスによる肺炎に関する電話相談窓口(03・3595・2285、午前9時~午後9時)を設置した。

     ◇

 政府は28日、新型コロナウイルスによる肺炎を、感染症法上の「指定感染症」と検疫法上の「検疫感染症」とする政令を閣議で決定した。2月7日に施行される。指定感染症は、2014年の中東呼吸器症候群(MERS)以来、5例目。

 同ウイルスの感染者や感染が疑われる人に入院を勧告し、従わなければ強制的な入院措置を取ることや、入院患者の治療費の公費負担が可能になる。また、感染が疑われる入国者が見つかった場合、検査や診察を受けるよう指示できる。

残り:14文字/全文:1057文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1024285 0 社会 2020/01/28 21:17:00 2020/03/09 14:47:25 2020/03/09 14:47:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200128-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ