[深層NEWS]インフラ老朽化「人口減にあった形に変化する必要」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 根本祐二・東洋大学教授と、久田真・東北大学教授らが29日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、インフラの老朽化をテーマに討論した。

 全国の橋やトンネルなどのうち、1割にあたる約8万か所で5年以内に補修が必要と判定されている。しかし、地方自治体の財政状況は厳しく、根本教授は「修繕着手率は2割」と現状を説明した。

 この厳しい現状を乗り越える方策として、根本教授は都市機能を集約した「コンパクトシティー」を目指すべきだと提案。久田教授も「人口減少にあった形で、インフラも変わっていかなければいけない」と話した。

無断転載禁止
1026856 0 国内 2020/01/29 23:42:00 2020/01/30 00:12:49 2020/01/30 00:12:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ