ウイルスあるのに症状ない人も…厚労省が危機感「新たな事態だ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型肺炎について記者会見する厚労省健康局結核感染症課の日下英司課長(30日午前、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影
新型肺炎について記者会見する厚労省健康局結核感染症課の日下英司課長(30日午前、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影

 中国・武漢市からの帰国者のうち、発熱やせきなどの症状がない人の新型コロナウイルスへの感染が明らかになったことを受け、厚生労働省は30日午前に緊急で記者会見を開いた。

 「ウイルスはあるが症状が出ないというのは新たな事態だ。症状のない人が、潜伏期間中にほかの人に感染させることも念頭に置いて、対応策をとらなければいけない」。同省の日下英司・結核感染症課長はそう危機感を示した。

 同省によると、今回感染が確認された3人のうち2人は、機内検疫でも、帰国後の医師の診察でも、症状は確認されなかった。帰国後に滞在していた千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」では、それぞれ別の人と同じ部屋に宿泊していたが、同室だった人は、体調不良を訴えていないという。

 機内の検疫で症状が確認されなかった帰国者の中には、検査を拒否して帰宅した人も2人いる。同省は今後、健康状態に変化がないか確認を続け、症状が出た場合には医療機関を受診するよう求めていくという。

 会見に同席した専門家は「中国では無症状の人からの感染が確認されており、日本でも感染の可能性があると考えて対策を打った方がいい」と指摘。同じく会見に参加した国立感染症研究所の担当者は「無症状だった人たちがどのような経過をたどり、今後どうなるかは詳しく観察していく必要がある」と話した。

 同じホテルに滞在したほかの帰国者は全員陰性だったが、今回、症状がない人の感染が明らかになったことを受け、同省は、帰国後の一時滞在施設での相部屋をやめる方針を明らかにした。

残り:33文字/全文:683文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1027900 0 社会 2020/01/30 15:36:00 2020/03/10 12:08:51 2020/03/10 12:08:51 新型コロナウイルスについての記者会見を行う厚労省健康局結核感染症課の日下英司課長(30日午前10時34分、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200130-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ