三重の50代外国人男性、新型コロナに感染…昨年末に武漢帰省

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三重県は30日、中国・武漢市に滞在歴があり、医療機関で受診した県内在住の50歳代の外国人男性が、新型コロナウイルスによる肺炎に感染したと発表した。男性は入院しているが、快方に向かっているという。

 県によると、男性は昨年12月24日~1月13日、武漢市に帰省。25、26日に38度の発熱があり、27日に救急搬送された。この際は肺炎とは診断されず、自宅療養となった。

 しかし、28日に39度の熱が出て、29日に医療機関を再受診したところ、肺炎の所見があったため入院。新型コロナウイルス感染症の検査を受けた結果、30日に感染が判明した。

 男性は武漢市で外出中、マスクを着用し、肺炎患者との明確な接触もなかったと話しているという。

残り:33文字/全文:349文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1028335 0 社会 2020/01/30 20:20:00 2020/03/09 18:19:14 2020/03/09 18:19:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ