中国在留邦人に「一時帰国検討」勧める…外務省

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は31日、WHOの緊急事態宣言を受け、湖北省以外の中国国内に在留する邦人に対しても、「交通の制約がさらに拡大する可能性に備え、日本への一時帰国を含む安全確保について検討することを勧める」との海外安全情報(スポット情報)を出した。

 これに関連し、安倍首相は31日の参院予算委員会で、湖北省を除く中国全土について出している感染症危険情報をレベル1(渡航に十分注意)からレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き上げることを明らかにした。湖北省にはレベル3(渡航中止勧告)を出している。

残り:33文字/全文:277文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1029544 0 社会 2020/01/31 12:34:00 2020/03/10 11:57:54 2020/03/10 11:57:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ