東京高検検事長、異例の定年延長…IRやゴーン被告事件を指揮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は31日午前の閣議で、2月7日に定年を迎える黒川弘務・東京高検検事長(62)の勤務の期限を8月7日まで半年間延長することを決めた。検察庁法は、検事総長の定年を65歳、その他の検察官は63歳と規定しており、延長されるのは極めて異例だ。

 黒川氏は1983年検事任官。法務省で官房長や次官などを歴任したのち、昨年1月に東京高検検事長に就任した。法務省は今回の人事について、退職によって公務の運営に著しい支障が生じる場合、1年を超えない範囲で勤務を継続させることを認める国家公務員法の規定に基づき決定されたと説明。森法相は31日の閣議後記者会見で「検察庁の業務遂行上の必要性に基づき、引き続き勤務させる」と述べた。

 東京高検検事長は、東京地検特捜部が捜査する事件を指揮する。黒川氏は、カジノを中核とする日本の統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件や日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(65)の海外逃亡事件などの捜査や公判を引き続き指揮することになる。

 一方、東京高検検事長はその後、検事総長に就任した例が多い。今回の異例の人事は稲田伸夫検事総長(63)の後任に黒川氏を充てるためとの見方もある。

無断転載・複製を禁じます
1029693 0 社会 2020/01/31 14:37:00 2020/01/31 14:37:00 2020/01/31 14:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ