バスガイド「三次感染」か…感染判明のバス運転手に同行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は31日、新型コロナウイルスの感染者が国内で新たに3人確認されたと発表した。このうち1人は千葉県に住む外国籍の20歳代の女性バスガイドで、すでに感染が判明している奈良県の男性バス運転手と同じツアーに乗務していた。

 発表によると、女性は1月18~22日、中国・大連市からのツアー客を乗せたバスに奈良県の運転手と共に乗務。この運転手はその前に別のツアーで武漢市からの観光客をバスに乗せていた。武漢では多くの患者が発生しているが、大連で確認されている感染者は少ないことなどから、同省は、運転手から女性に感染が広がる「三次感染」が起きた可能性があるとしている。

 残る2人は政府のチャーター機第2便で帰国した邦人で、30歳代と50歳代のいずれも男性。2人とも発熱などの症状はなかった。国内で確認された感染者はこれで計17人となった。

 第2便の他の帰国者208人は、全員陰性だった。

【関連記事】新型肺炎、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1030308 0 国内 2020/01/31 19:17:00 2020/02/01 07:29:41 2020/02/01 07:29:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ