自画撮り要求に罰則…未送信でも摘発、千葉県が条例改正へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 子供が自分の裸などを撮影した画像や動画を他人にスマートフォンなどで送らされる「自画撮り」被害を防ぐため、千葉県は県青少年健全育成条例を改正する方針を固めた。わいせつ画像の要求を禁止し、悪質な行為に対する罰則も盛り込んだ改正案を13日開会予定の県議会2月定例会に提出する。

 県県民生活・文化課によると、現在の条例には自画撮りの要求を禁止する規定がない。児童買春・児童ポルノ禁止法でも、被害者が画像を送信しなければ摘発ができなかった。

 自画撮りの要求は主にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて行われる。2016年に6人だった県内の被害は18年に20人に増加していることなどから、改正に踏み切ることにした。

 改正案では、18歳未満の少年少女に対し、自画撮りしたわいせつ画像や動画などを要求する行為を禁止する。拒まれたのに再度要求したり、脅迫や金銭を支払う約束を伴ったりする悪質な行為には、30万円以下の罰金や科料を課す。施行は7月を見込んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1036285 0 社会 2020/02/04 15:18:00 2020/02/04 15:18:00 2020/02/04 15:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ