ネットでマスク「2箱8万円」、店頭で品切れ…消毒剤も飛ぶように

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ドラッグストアに掲げられたマスクの欠品を伝える貼り紙(3日午後、東京都新宿区で)=三浦邦彦撮影
ドラッグストアに掲げられたマスクの欠品を伝える貼り紙(3日午後、東京都新宿区で)=三浦邦彦撮影

 国内でも新型コロナウイルスによる肺炎患者が確認されたことを受け、ドラッグストアなどでマスクの品切れや品薄状態が続いている。

 東京都内で5店舗を構える三千里薬品商会では、2月に入って全店舗でマスクが品切れになり、担当者は「入荷のめどが立たない」と困惑気味に話す。アルコール消毒剤や手洗いせっけんなどは在庫があり、飛ぶように売れているという。

 全国で約1200店舗のドラッグストアを展開する「ツルハ」(札幌市)でも、ほぼ全店でマスクが完売したか、品薄状態だ。3日現在、関東地区の店舗は1家族につき1個まで、それ以外は3個までと購入個数を制限している。

 マスク不足を受け、政府は業界団体に増産を要請。日用品大手のユニ・チャーム(東京都)は1月中旬から24時間態勢でマスクを製造している。1月中旬は例年の10倍、現在も3倍ほどの発注があるといい、広報担当者は「工場をフル稼働させても供給が追いつかない。収束する時期も予想できない」と困惑する。1か月に数十万枚のマスクを製造する「日本バイリーン」(同)でも今月から作業員を増やし、休業日の土日も工場を稼働させる。

 一方、ネット上では一部の業者や個人が高値でマスクを出品している。通販サイト「アマゾン」では4日、1箱(20枚入り)数百円程度の日本メーカー製マスクが2箱セットで8万円超の値が付き、通常価格の50倍以上で転売されている。フリマアプリの「メルカリ」でも定価の10倍以上の価格で売買されている。

 店頭でマスクを購入できなかった東京都品川区の女子大学生(21)は「大学やアルバイト先で人と接する機会が多く、マスクがないと不安だ。花粉症の時期も近づいており、一刻も早く確保したい」と話した。

 

残り:34文字/全文:761文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1036075 0 社会 2020/02/04 13:49:00 2020/03/10 11:34:26 2020/03/10 11:34:26 マスクの欠品を伝える貼り紙が掲げられたドラッグストア(3日午後5時9分、東京都新宿区で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200204-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ