日本人男性が武漢で死亡、新型コロナ疑いで入院中の60歳代

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は8日、中国・湖北省武漢市で、重度の肺炎を発症して入院していた60歳代の日本人男性が死亡したと発表した。男性は「新型コロナウイルスの陽性の疑いが高い」と診断され、重篤な状態が続いていた。入院先の病院から同日、在中国日本大使館に連絡があった。

 男性は武漢市在住で、1月16日に発熱し、22日から同市内の病院に入院した。病院が新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べるため、初期検査を実施したところ、陽性反応が確認された。ただ、病院は「確定的な判断をすることは困難」として、男性の死因を「ウイルス性肺炎」と判断している。

 外務省は現地大使館を通じ、男性の家族と連絡を取り、支援を続ける。

無断転載禁止
1043876 0 国内 2020/02/08 13:14:00 2020/03/09 17:27:17 2020/03/09 17:27:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ