ベートーベン「田園」に誘われ鹿ぞろぞろ…ご褒美はドングリ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ホルンの音で集まり、ドングリをもらう鹿(奈良市で)
ホルンの音で集まり、ドングリをもらう鹿(奈良市で)

 ナチュラルホルンの音色で鹿を集める「鹿寄せ」が11日、奈良公園(奈良市)の飛火野で行われ、約200人の観客らを楽しませた。月曜を除く3月12日まで、午前10時から見ることができる。

 奈良の鹿愛護会の職員がベートーベン「田園」の一節を吹くと、音色に誘われた約100頭の鹿が森の奥から列をなして現れ、ご褒美にドングリをもらっていた。初めて見に来た奈良市の中学校教諭の女性(37)は「鹿の群れが森の奥から現れる様子は絵本の世界みたいだった」と楽しんでいた。

無断転載・複製を禁じます
1049693 0 社会 2020/02/12 18:53:00 2020/02/12 18:53:00 2020/02/12 18:53:00 ホルンの音で集まり、ドングリをもらう鹿(奈良市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200212-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ