茨城・太田さんの「ヒサシ」が日本大賞…14日から「世界らん展」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 14日に開幕する「世界らん展2020―花と緑の祭典―」(読売新聞社、NHKなど主催)の作品審査が13日、東京都文京区の東京ドームで行われた。国内外のラン愛好家などから5部門に計922点の応募があり、茨城県小美玉市、つくば洋蘭ようらん園・太田精一さん(63)の作品が最高賞の日本大賞に輝いた。

 太田さんは初めての同賞受賞。「まさか大賞をいただけるとは。本当に驚いた」と語った。

 世界らん展は今回が節目の30回目。21日までの会期中、18の国・地域から集められた約3000種、約10万株のランが展示される。

あわせて読みたい

無断転載禁止
1051564 0 国内 2020/02/13 18:17:00 2020/02/13 20:39:59 2020/02/13 20:39:59 日本大賞に輝いた「Tsukuba Sweet」(2月13日、東京ドームで)=米田育広撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200213-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ