公園の滑り台に上向きカッターナイフ…刃部分2センチ露出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県海老名市東柏ヶ谷の東柏ヶ谷近隣公園にあるローラー滑り台で、カッターナイフが上向きに立てられていたことがわかった。市は悪質な行為として海老名署に通報。防犯カメラを設置するなど安全対策を強化している。市が13日に発表した。

 市によると、カッターナイフは滑り台の上部にある板の隙間に挟まれ、刃物部分が約2センチ出ていた。けが人はいなかった。さらに滑り台の途中には犬のフンが付けられ、周辺の地面には使用済みのマッチが散乱していた。1月24日に利用者からの通報で判明した。

 市は同様の施設がある他の公園の管理者や保育園、幼稚園などに情報提供し、注意を呼びかけている。

無断転載禁止
1054328 0 国内 2020/02/15 07:56:00 2020/02/15 13:34:08 2020/02/15 13:34:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ