知事、院内感染の可能性認める…和歌山の病院関係者計5人に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルスの感染者について記者会見する仁坂吉伸知事(左)と野尻孝子・県福祉保健部技監(15日午後、和歌山県庁で)=東直哉撮影
新型コロナウイルスの感染者について記者会見する仁坂吉伸知事(左)と野尻孝子・県福祉保健部技監(15日午後、和歌山県庁で)=東直哉撮影

  新型コロナウイルスの感染が拡大する中、和歌山県と東京都、愛知県で15日、新たに12人の感染が確認された。和歌山県では院内感染の疑いが強まった。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者67人の感染も判明し、国内で感染が確認されたのは計338人になった。

 和歌山県では、医師と患者の計2人の感染が確認されていた同県湯浅町の済生会有田病院で、新たに3人の感染が判明した。県によると、すでに感染が判明している男性外科医(50歳代)と同じ外科で勤務する同僚の男性医師(同)とその妻(同)、入院患者の男性(60歳代)で、この病院に関係する感染者は計5人となった。5人は和歌山県在住の日本人で中国への直近の渡航歴はなく、仁坂吉伸知事は記者会見で院内感染の可能性を認めた。

【随時更新】新型肺炎、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1054686 0 国内 2020/02/15 15:38:00 2020/02/16 05:06:49 2020/02/16 05:06:49 新型肺炎ウイルス発症者の増加を受けて会見する仁坂・和歌山県知事(左)と野尻孝子・同県福祉保健部技監(15日午後、和歌山市の和歌山県庁で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200215-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ