「三鉄」車両、「銀河鉄道」走る…台風被害の復旧支援

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

岩手山を背景に、IGRいわて銀河鉄道の線路を走る三陸鉄道の車両(15日、盛岡市で)=黒山幹太撮影
岩手山を背景に、IGRいわて銀河鉄道の線路を走る三陸鉄道の車両(15日、盛岡市で)=黒山幹太撮影

 岩手県の沿岸部を走る三陸鉄道の車両が15日、内陸部で運行するIGRいわて銀河鉄道の線路を走った。昨年10月の台風19号により一部区間で不通が続く三鉄を支援しようと、IGRがツアーを発案した。三鉄は、3月20日の全線再開を目指して復旧工事が進められており、売り上げの一部は三鉄へ寄付される。

 三鉄とIGRはいずれも、県などが出資する第3セクター。白と赤、青の3色に塗られた三鉄の車両は、JR山田線を通ってIGRの線路に入り、二戸―盛岡駅間で運行された。

 車内では、三陸産の海産物や野菜を使った弁当が提供されたほか、沿岸部の蔵元の日本酒の飲み比べが行われ、乗客は雪を抱いた岩手山を眺めながら堪能した。盛岡市の女性(38)は「新鮮な三陸の幸を口にでき、最高の列車の旅です」と笑顔を見せた。ツアーは16日も行われる。

無断転載禁止
1055044 0 国内 2020/02/15 21:33:00 2020/02/16 05:12:09 2020/02/16 05:12:09 岩手山を背にIGRの線路を走る、三陸鉄道の車両(15日、盛岡市好摩で)=黒山幹太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200215-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ