新型コロナ電話相談、14日と15日のみで5千件…初の死者確認後

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、厚生労働省の相談窓口への電話が、14、15の両日のみで5000件近くに上ったことが分かった。13日に国内で初めて感染者の死亡が確認されたことなどを受け、相談が急増したとみられる。1月28日の窓口開設から15日までの相談件数は計1万7755件となった。

 同省によると、1000件前後で推移していた相談は、2月13日に神奈川県在住の80歳代女性が亡くなり、国内での感染例も相次いで報告されたことから、14日は2142件、15日は2732件寄せられた。「体調が悪く不安だ」といった健康相談が多いという。

 同省は17日から電話を25回線増やして180回線とする予定。中国・湖北省や浙江省への渡航歴や感染が明らかな人と会い、発熱やせきなどの症状がある場合は、各都道府県の「帰国者・接触者相談センター」への連絡を呼びかけている。

残り:33文字/全文:413文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1055924 0 社会 2020/02/16 18:32:00 2020/03/10 10:31:49 2020/03/10 10:31:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ