西日本、平地でも警報級の大雪の可能性…東日本も夜から

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁の17日午前5時すぎの発表によると、日本海で発達中の低気圧の影響で、北日本では18日にかけて降雪が続き、大雪となるところがある。

 また、西日本では17日昼過ぎから18日にかけて、太平洋側の平野部でも雪が降り、山地では警報級の大雪となるところがあり、平地でも警報級の大雪の可能性がある。

 東日本でも17日夜から18日にかけて、大雪となるところがある見込み。

 18日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、北陸が50センチ、北海道・中国地方が40センチ、近畿が30センチ、四国が25センチ、九州北部が20センチ、九州南部が10センチ。

 同庁では、積雪や路面の凍結による交通障害や、なだれや着雪への注意を呼びかけている。

無断転載禁止
1056512 0 国内 2020/02/17 05:44:00 2020/02/17 05:52:29 2020/02/17 05:52:29

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ