WHO事務局長「致死率2%、SARS・MERSほど致命的でない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)は17日、スイス・ジュネーブで記者会見を開き、世界的な感染症への対策を統括するシルビー・ブリアン氏はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスの感染者が増加していることに関連し、「(WHOは)日本の当局やクルーズ船と連携して対応している」と強調した。

 ブリアン氏はまた、「(船内での感染拡大は)他の感染症でもこれまで数多くの事例があり、今回が特殊なのではない」と述べ、閉ざされた船内という環境面での制約に加え、「新型コロナウイルスは未知の部分が多い」と対応の難しさを指摘した。一方で、「封じ込めるのはウイルスであり、乗客ではない。社会と乗客の健康との間で、正しいバランスをとる必要がある」と語った。

 テドロス事務局長は、中国側のデータに基づく新型コロナウイルスの致死率は約2%で、高齢者ほど高いとし、「SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)など他のコロナウイルスほど致命的ではないようだ」との見解を明らかにした。データは感染者約4万4000人の症状などを調べたもので、80%以上が軽症で回復するとも指摘した。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1058982 0 社会 2020/02/18 11:59:00 2020/03/09 13:24:08 2020/03/09 13:24:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ