クルーズ船の感染者、藤田医科大・岡崎医療センターが受け入れへ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 藤田医科大(愛知県豊明市)は17日、新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で感染が確認された乗客・乗員の一部を、同大岡崎医療センター(同県岡崎市)で受け入れる方針を決めた。住民に理解を求めるため、説明会を開く予定。

 同センターは一般病床400床の救急病院。4月開院予定で一般患者を受け入れておらず、患者への院内感染の恐れはないなどとして国の要請に応じた。

 受け入れるのは、症状が出ていない感染者200人程度。認可前で治療はできないが、陰性になるまで滞在してもらい、医師や看護師が健康相談や食事の提供などを行う。発熱など症状が出た場合は、県内の感染症指定医療機関などへ搬送する。愛知県によると、クルーズ船で感染が確認された乗客7人を、県内のほかの医療機関がすでに入院させているという。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1058999 0 国内 2020/02/18 12:18:00 2020/03/09 13:23:42 2020/03/09 13:23:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ