読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内で初めて10歳代感染…男性医師の息子、自主的に学校休む

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、東京都、和歌山県、神奈川県、愛知県で18日、新たに計8人の感染が確認された。

 東京都では都内に住む20~80歳代の男性3人の感染が確認された。都の発表によると、このうち80歳代の無職男性と50歳代の男性会社員はいずれも重症で、感染経路はわかっていない。残る1人は20歳代の男性会社員で、大田区の牧田総合病院蒲田分院に勤務する60歳代の男性医師(すでに感染が判明)の息子という。

 和歌山県でも新たに3人の感染が判明した。うち2人は、同県湯浅町の済生会有田病院の関係者で、すでに感染が確認された男性医師の10歳代の息子と、同病院の60歳代の男性患者。厚生労働省によると、10歳代の感染確認は国内で初めて。男性医師の息子は14日から自主的に学校を休んでおり、現時点で学校の子どもらに感染が疑われるような症状は出ていない。

 もう1人は横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で災害派遣医療チーム(DMAT)として活動していた30歳代の男性看護師。13~15日に船内で発熱した患者の診療補助などを担当後、15日に新幹線を利用して、和歌山に戻った。

 神奈川県などは、横浜市に住む60歳代のタクシー運転手の男性の感染が新たに確認されたと発表した。

 愛知県では60歳代男性の感染が新たに確認された。

残り:33文字/全文:607文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1059731 0 社会 2020/02/18 21:38:00 2020/03/10 10:22:29 2020/03/10 10:22:29

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)