熱ある人、そのまま船内歩く…大学教授が船内リポート「感染防止策とられてない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の検疫や船内待機の方法について、18日に船内に入った岩田健太郎・神戸大教授(感染症内科学)が「個人の見解だが、専門的な感染防止策がとられていない」と懸念を示すリポートを動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。

 岩田教授は感染症対策が専門で、SARS(重症急性呼吸器症候群)やエボラ出血熱の発生時には現地で調査や治療をした。動画では、DMAT(災害派遣医療チーム)の一員として今回乗船したと説明している。

 感染拡大を防ぐ措置として、感染者や医療スタッフらが入る場所と、ウイルスに汚染されていない場所を分けるのが一般的とした上で、「どこが危険か安全かもわからない状態。熱のある人がそのまま船内を歩いて医務室に行ったり、自分もふと患者とすれ違ったりしたが、検疫官らは何とも思っていないようだった」と報告。検疫官や船員、DMATのスタッフらが使う防護服やマスクの着用ルールも徹底されていなかったと強調した。

 岩田教授は読売新聞の取材に対し、「汚染の恐れがある場所を真っ先に区別し、船内に置いた対策本部を外部に移すなど感染予防策はいくらでもあったが、基本的なことができていないと感じた。リスクをきちんと把握し、情報公開することが必要だと考え、動画を公開した」と話した。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1060679 0 国内 2020/02/18 15:00:00 2020/03/09 13:22:05 2020/03/09 13:22:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ