大黒ふ頭に「貸切」バス待機…クルーズ船の乗客ら、前日に続き下船

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの集団感染が起き、3日から横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では20日、前日に続き乗客の下船が始まった。

 厚生労働省によると、19日には高齢者を中心に443人が下船。20日はさらに日本人と外国人各約250人ずつ、計約500人が船を下りる。21日までに乗客の下船を終える見込み。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客の下船準備が進む大黒ふ頭(20日午前、横浜市鶴見区で)=松本剛撮影
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客の下船準備が進む大黒ふ頭(20日午前、横浜市鶴見区で)=松本剛撮影

 下船の対象となっているのは、発熱などの症状がなく、ウイルス検査で陰性だった乗客。同船では19日までに日本人270人を含む計621人の乗客・乗員の感染が確認されている。

 大黒ふ頭にはこの日も、下船する乗客を送る「貸切」のバスが待機。午前10時半頃から下船を始めた乗客たちはキャリーバッグを引っ張るなどしてバスや迎えの車に乗り込み、それぞれの自宅などを目指した。

残り:33文字/全文:378文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1062691 0 社会 2020/02/20 11:33:00 2020/03/09 13:02:57 2020/03/09 13:02:57 「ダイヤモンド・プリンセス」乗客の下船の準備が進む大黒ふ頭(20日午前10時35分、横浜市鶴見区で)=松本剛撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200220-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ