クルーズ船の乗客では初、日本人男女2人が死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた日本人の80歳代の男女2人が死亡したことが20日、政府関係者の話で分かった。同船の乗客の死亡が確認されたのは初めて。国内で感染者が死亡したのは、今月13日の神奈川県在住の80歳代女性に続き、計3人となった。

 関係者によると、死亡したのは87歳の男性と84歳の女性。男性は11日に神奈川県内の病院に、女性は12日に東京都内の病院にそれぞれ搬送され、入院していたが、20日に死亡が確認された。いずれもウイルス検査で陽性反応が出ており、呼吸器や血液の持病があったという。

乗客の下船が続く、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(20日午前、横浜市鶴見区の大黒ふ頭で、読売ヘリから)=竹田津敦史撮影
乗客の下船が続く、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(20日午前、横浜市鶴見区の大黒ふ頭で、読売ヘリから)=竹田津敦史撮影

 同船は3日夜、横浜港に帰港し、5日に10人の感染者が確認されて以来、船内の感染者数は増え続けた。乗客・乗員3711人のうち、19日までに日本人270人を含む計621人の感染が確認されていた。同日時点で集中治療室などで治療を受けている重症者は、日本人15人を含む計29人に上っていた。

 一方、クルーズ船では20日、前日に続き乗客の下船が行われた。

 厚生労働省によると、19日には高齢者を中心に443人が下船。20日はさらに日本人と外国人各約250人ずつ、計約500人が船を下りる。21日までに乗客の下船を終える見込み。

 下船の対象となっているのは、発熱などの症状がなく、ウイルス検査で陰性だった乗客。大黒ふ頭にはこの日も、下船する乗客を送る「貸切」のバスが待機。午前10時半頃から下船を始めた乗客たちはキャリーバッグを引っ張るなどしてバスや迎えの車に乗り込み、それぞれの自宅などを目指した。

残り:33文字/全文:868文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1062712 0 社会 2020/02/20 11:56:00 2020/03/09 13:02:32 2020/03/09 13:02:32 接岸した「ダイヤモンド・プリンセス」の横で待機するバス(20日午前10時47分、横浜市鶴見区で、本社ヘリから)=竹田津敦史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200220-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ