北海道の小学生兄弟2人が感染、弟は10歳未満…千歳空港の検疫官も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道は21日、新たに3人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。このうち2人は中富良野町に住む小学生の兄弟で、弟は10歳未満。国内で10歳未満の感染が判明したのは初めて。

 道によると、2人とも回復傾向にあるという。もう1人の感染者は小樽検疫所千歳空港検疫所支所の40歳代女性検疫官。これで道内での感染者は計8人となった。

残り:33文字/全文:202文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1064920 0 社会 2020/02/21 13:04:00 2020/03/09 12:49:35 2020/03/09 12:49:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ