埼玉で未就学男児が感染…中国・武漢から一緒に帰国の父親に続いて

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県は21日、県内在住の未就学の男児が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 男児は40歳代の父親と中国・武漢市から政府のチャーター機第2便で1月30日に帰国。2月10日に父親の感染が判明し、保健所が男児の健康観察をしていた。男児は重症ではないという。

 父子は帰国時の検査では陰性で、いったん国が用意した滞在施設に入ったが、子どもと一緒に滞在を続けることは難しいとして、2月1日に帰宅していた。父子とも外出を控えており、男児は幼稚園などには通園していないという。

 北海道では21日、中富良野町に住む小学生の兄弟2人の感染が確認された。発表によると、兄弟のうち、弟は10歳未満。症状はともに回復傾向という。2人が通う小学校は21日、休校となった。

残り:33文字/全文:362文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1065485 0 社会 2020/02/21 17:50:00 2020/03/09 12:47:05 2020/03/09 12:47:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ